ジャコウキヌラン(麝香絹蘭)

ラン科 ジャコウキヌラン属
Heterozeuxine odorata

山地のやや湿った林床にみられる草丈30〜50cmの多年草。茎は匍ふくした後立ち上がる。
葉は長楕円形〜卵円形で長さ5〜10cm、幅4〜5cm。茎頂に総状花序をつけ5〜15個の花をつける。
花は淡緑白色で半開し、萼片は卵状長楕円形、花弁は広半卵形?斜鎌状楕円形、唇弁はY字形になる。 花には麝香の香りがあるのでこの名前がついた。

石垣市 2013.2.18

(果実)残念ながらまだ花を見ていません。次回こそは。。
石垣市 2013.5.28

トップへ戻る

inserted by FC2 system