イワヤナギシダ(岩柳羊歯)
ウラボシ科 サジラン属
Loxogramme salicifolia

山地林内樹木の幹や岩上に着生する常緑性のシダ。根茎は長く横走し、麟片をやや密に付ける。
葉柄は淡緑色。葉身は狭倒状披針形〜線形、長さ15〜20cm。幅1〜1.7cm。
全縁で鋭尖頭。基部に向けて次第に細くなり、葉柄の翼となり流れる。
胞子嚢群は葉身の中央部より下方にまでつき、中肋から辺縁に向けて斜上して付く。

2012.3月

2012.3月

胞子嚢群は葉身の中央部より下方にまでつき、中肋から辺縁に向けて斜上して付く。
国頭村 2012.3.24

リュウキュウヒモラン、ノキシノブ、カタヒバ、サクララン等と一緒に樹幹に着生する。
国頭村 2010.8.14
トップへ戻る



inserted by FC2 system