イワヒバ

イワヒバ科 イワヒバ属
Selaginella tamariscina

山地の岩壁に着生する常緑性のシダ。枝は多数の根が入り混じった仮幹の先端に束生する。
枝はほぼ平面状に分岐し、 葉身状の枝を放射状につけるこの分枝は斜上し2〜3回羽状に分岐する。表面は暗緑色で下面は淡緑色〜灰白色で、 科乾けば内側に巻きこむ。
腹葉は卵形で、左右非対称、中肋は下面ではっきりし、辺縁は微鋸歯縁、先端に毛状の突起がある。
胞子嚢群は小枝に1個頂生する。

 2014.8.6

 伊平屋島 2014.8.6

沖縄島にも少しですが自生がみられた。
 沖縄島 2016.1.28

トップへ戻る

inserted by FC2 system