イリオモテニシキソウ(西表錦草)

トウダイグサ科 ニシキソウ属
Chamaesyce thymifolia

荒れ地、道端に生える1年生草本。茎は根から数本出て匍ふくし、又状に分岐して地を這い、先端で斜上する。長さは10〜20cm。 茎は紫紅色で短い伏毛がある。
葉は対生で、長楕円形〜楕円形、基部は左右不対称の円形。辺縁には疎らな鋸歯があり、上面は無毛、上面は有毛、 葉に紅い斑点はなく、長さ6〜10mm。
花は葉腋に杯状花序をつけ、白色の花弁状の目立つ付属体を有する。室果は3稜を有し、やや球形で白毛がある。 分布は沖縄、八重山諸島。

恩納村 2013.10.11

恩納村 2013.10.11

恩納村 2013.10.11

トップへ戻る

inserted by FC2 system