イヌマキ (犬槇)

マキ科 マキ属
Podocarpus macrophyllus

林縁や林床に生える常緑の高木。高さは10〜20m。雌雄異株。方言名:チャーギ。
樹皮は灰白色で径50〜60cm、灰白色で浅い縦裂を生じ薄片となって剥離する。
葉は互生で扁平な線形、長さ7〜10cm、幅8〜15mm。上面は深緑色、下面は淡色。
雄花序は葉腋に出来3〜4cmの黄色い穂状。雌花は単立、短柄の先に小さい包葉があり、その中の1つが伸びて、その先端部に胚珠を含む。 肉質の花床は紫紅色。果実は卵円形、長さ8〜13mm、緑色。
関東南部から南西諸島に分布。 庭木や防風林、木造住宅の建築材として利用される。
国頭村 2013.10.17

国頭村 2013.10.17

トップへ戻る





inserted by FC2 system