イヌドクサ

トクサ科 トクサ属
Equisetum ramosissimum  

日当たりの良い湿地や山麓の路傍、荒地等に生える常緑草本。地下茎は地中を匍ふくし、先端部で分岐して多数の地上径を立ち上げる。 茎は直立し長さ30cm〜100cm、縦に溝があり、長くなると倒れてしまう事がある。 胞子嚢穂は茎や枝先に単生、長さ1.2〜1.8cm、成熟すると褐色となる。

恩納村 2014.5.29

名護市 2014.5.14

トップへ戻る

inserted by FC2 system