イブダケキノボリシダ

イワデンダ科 ノコギリシダ属
Diplazium crassiusculum



山地の湿った林床や岩の壁面等でみられる常緑性のシダ。
キノボリシダに似ているが、胞子嚢群の付き方で違いが分かる。葉柄は
長さ18〜45cm、基部には線形で辺縁に小突起のある黒褐色の鱗片
がある。 葉は革質で1個の頂羽片があり、側羽片は披針形〜長楕円状
披針形、長さ 12〜24cm、基部は鋭形長さ3〜5mmの柄があり、辺縁
には鋸歯がある。分布は薩摩半島伊南。


(左右共)2012.3.24


胞子嚢群は線形で最下前側の小脈に沿って、羽軸近くから羽軸と辺縁の中間位までつく。胞膜は全縁。
国頭村(左、中)2012.3.24  (右)2015.9.24

国頭村 2015.9.24

トップへ戻る

inserted by FC2 system