イボタクサギ  (水蝋臭木)

シソ科 イボタクサギ属 
Clerodendrum inerme

海岸林、マングローブの周辺の湿地、河口付近に生える常緑つる性の低木。小枝は扁円形で始め灰白色の細毛があるが後にやや無毛となる。 葉は単葉で対生、長さ4〜10cm、全縁、裏は微毛〜無毛で微細な腺点が全面にある。葉柄は長さ5〜15cm。 葉腋につく散房花序は通常花が3個、花冠は白色、長い雄しべ、雌しべは紅紫色。果実は倒卵形で褐色。
分布はトカラ列島〜沖縄各島。開花は4〜12月。

 恩納村 2007.9.23

 2007.9.23

 (左)今帰仁村 2016.12.1 (右)恩納村 2016.12.2  

トップへ戻る



inserted by FC2 system