ホザキヒメラン(穂咲姫蘭)

ラン科 ヤチラン属
Malaxis latifolia

山地の自然林内に生える高さ20〜40cmの多年草。茎は高さ10位で長楕円状楕円形〜卵形の葉を4〜5枚つける。 葉柄は幅広くてやや紫色をしている。茎頂に高さ20cm位の総状花序をつけ淡黄緑色または紫褐色の小花を多数つける。
分布は沖縄島、石垣島、西表島、与那国島。開花は8〜9月。

別な花が目的で出掛けた西表でしたが、近くでこの花の開花も見る事が出来ました。林道わきの 土手の
やや高めの場所だったので、望遠レンズで花のアップも撮るつもりが風に負けてしまって残念だった。
西表島 2011.7.23

12月に西表を訪れた時に種がびっしりついた株をみました。また花の季節に撮影出来たらと思っています。
西表島 2011.12.26

↑の場所へ行ってみたら、蕾が上がっていて、下の方から咲き始めていました。
西表島 2013.7.29

沖縄本島北部で見つかった本種は花の色が赤紫褐色でした。

2013.6.16

2013.6.22


2013.6.23


咲き始めたばかり。西表島 2014.7.26

トップへ戻る





inserted by FC2 system