ホソバツユクサ(細葉露草)

ツユクサ科 ツユクサ属
Commelina communis var. ludens

低地の林縁の湿った場所に生える1年生草本。茎は下部で這い、良く分岐して節部から下根して上半分は斜上して、高さ30〜50cmになる。 ツユクサに似るが、基本種に比べて葉の下面、苞、葉鞘に毛が多い。 葉は一般的には披針形の物が多いが、琉球産の物は幅が基本種と殆ど変らない。 ブログはこちら

 2014.6.16

(左)茎で良く分岐する。(右)苞、葉鞘部に毛が見られた。
 2014.6.16

伊江島 2014.6.16

トップへ戻る

inserted by FC2 system