ホソバムラサキ(細葉紫)

クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
Callicarpa pilosissima

山地の樹林下、渓流沿い等湿った場所に生える常緑小低木。全株に剛毛がある。
葉は対生で披針形、8〜10対、長さ8〜20cm、幅1.5〜3cm、基部は細くなり円形、先は次第に細くなり尖り、両面とも柔毛 を布く。
葉腋の集散花序には淡紫色の花を密につける。花冠は漏斗状で長さ3〜6mm、径3mm程度。
果実は球形で径2〜3mm、淡紫色に熟する。
分布は日本国内では西表島、台湾、中国。開花は8〜11月。

西表島 2015.8.1

葉の上面、下面、葉柄に柔毛が多く辺縁には細鋸歯がある。
西表島 2015.8.1

西表島 2015.8.1

西表島 2015.8.1

西表島 2017.1.4


トップへ戻る



inserted by FC2 system