ホソバカナワラビ

オシダ科 カナワラビ属
Arachniodes aristata


山地林床に生える常緑性のシダ。根茎は長く横走し、赤褐色の麟片をつける。葉はやや二形で胞子葉は栄養葉より大きく立ち上がっている。 葉柄はわら色で基部は褐色で鱗片が多い。葉身は2〜3回羽状複生、4回羽状深裂。羽片は5〜10対で最下羽片が最大で、上の方は次第に短くなり、 長羽片がはっきりする。最下羽片の下向きの第一小羽片は著しく伸びる。
胞子嚢群は裂片の中肋近くにつき、包膜は円腎形。

2013.2.12

2013.2.12

2013.2.12

2013.2.12

トップへ戻る

inserted by FC2 system