ホシアザミ (星薊)
 別名 イソトマ

キキョウ科 ヒップブロマ属
Hippobroma longiflora 

熱帯アメリカ原産の帰化植物。多年草で、世界の熱帯に帰化雑草として広がっている。
茎は2〜4本株立状、高さ30〜60cm。 葉は互生し葉身は線状倒披針形、長さ15〜20cm、鋭尖頭、粗い鋸歯縁で鋸歯の先端は針状となる。 葉の中肋や脈上に剛毛がある。
花は葉腋に単生し白色、萼片は5裂し、花冠は径5cm、先端は深く5裂する。果実は倒卵形。
植物中に含まれている白い汁液は皮膚につくと炎症をおこすアルカロイドが 含まれている有毒植物。しかし中南米では葉を薬用として用いられている。

2008.1.20
国頭村 2017.11.6

トップへ戻る

inserted by FC2 system