ホシアサガオ(星朝顔)

ヒルガオ科サツマイモ属
Ipomoea triloba L



熱帯アメリカ原産の帰化植物。日あたりの良い草地に生えるつる性の1年生草、全体無毛。
茎は蔓になり良く分岐し、他の物に巻き付いて長さ数mになる。葉は互生し、卵円形〜心形で全縁〜3裂する。 花は葉腋から長い花柄を出し、淡紅色、径1.5cmの星型〜ロート型で数個まとめてつける。 関東地方以南に帰化している。

ハマジンチョウを探しに行った時、近くで小さい花が道路の草に絡まって咲いてました。
近くにいた農家のおじさんは、これは農作物に絡まってしまうので困りものだ!と話していましたが
見てる分には小さな花がとっても可愛かったです。
05.10.30 

南大東島 10.12.13 

(左)2018.4.7 (右)2011.11.30

糸満市 2018.4.7
トップへ戻る

inserted by FC2 system