ホラカグマ

オシダ科 カツモウイノデ属
Ctenitis eatonii


林の中や渓流の湿った岩上や崖地に生える常緑性のシダ。根茎は短く、斜上し、塊状、麟片がある。 葉柄は長さ20〜40cm。基部に線形で濃褐色の大きな鱗片が密につく。葉身は長楕円状卵形〜卵形。2回羽状複葉、 又は3回羽状深裂。最下羽片が最大で、最下小羽片も最大で大きさが下から6〜8番目の羽片に相当する。 胞子嚢群は裂片の中間、又は小羽片寄りにつく。

(左)2012.10.15 (右)2012.9.14

2012.10.15

(左)2012.10.15 (右)2012.9.14

中城村 2013.4.3

トップへ戻る



inserted by FC2 system