ホコザキノコギリシダ

イワデンダ科 ノコギリシダ属
Diplazium yaoshanense


山地樹林下に生える。常緑性。根茎は短く横走し、葉はやや込み合ってつき、先端に麟辺がある。葉柄は長さ30〜50cm、
葉身と等長かそれより長く、わら色で基部は暗色で麟片がある。葉身は頂羽片がはっきりした単羽状複葉で卵形〜広卵形。
葉は触るとカサカサした感じで厚紙質〜革質。葉裏はやや白っぽい。胞子嚢群は線状弓型で羽軸と辺縁の間に並ぶ。



2012.3.24

側羽片は狭披針形であまり鎌状にはならず、基部はくさび形〜円形。下部は有柄。辺縁は鋸歯がある。


胞子嚢は線状弓型で羽軸と辺縁の間に並ぶ。
2012.3.24

トップへ戻る

inserted by FC2 system