ホソバリュウビンタイ
ナンヨウリュウビンタイ

リュウビンタイ科 リュウビンタイ属
Angiopteris palmiformis


森林の林下に生える大型の常緑性シダ。根茎は托葉と共に径30cmを超える。大きさは3〜7m位で、 リュウビンタイよりも大型に なる事が多い。葉身は広楕円形。羽片は長さ70〜80cm、小羽片の基部は切り形、又は円形。下行偽脈は 小羽片の辺縁と中肋の中間よりも長くなり、中肋近くまで伸びる。ソーラスは辺縁寄り少なくとも1mm位内寄りにつく。

石垣島 2013.2.16


人がすっぽりと葉の下に入って
しまう程の大きさを見かけた。

石垣島 2013.2.16

小羽片には短い柄があった。基部は切り形。
石垣島 2013.2.16

ソーラスは辺縁寄り少なくとも1mm位内寄りにつく。
石垣島 2013.2.16

小羽片の脈間にある偽脈が辺縁と中肋の中間か、
中肋近くまで伸びる事で、リュウビンタイと比較出来ます。
石垣島 2013.2.16

トップへ戻る

inserted by FC2 system