ヒサカキサザンカ(妃榊山茶花)

ツバキ科 ヒサカキサザンカ属
Tutcheria virgata

山地の樹林下、林縁に生える常緑中高木で高さは5〜15m。枝は暗紫褐色で1年枝は淡褐色。
葉は革質で互生、倒被針状長楕円形、長さ4〜7.5cm、幅1.5〜3cm、先は尖り、縁は疎らな鋸歯がある。 花は葉腋に単性、白色の5弁花でサザンカの花に似るがそれより小さめ。果実は倒卵形、絹毛を散布し、長さ1.7cm、熟すると3裂開する。
分布は沖永良部島〜沖縄〜西表島の南西諸島で固有種。開花期は5〜7月。

国頭村 2015.6.13

国頭村 2015.6.13

国頭村 2015.6.13

大宜味村 2016.6.10

うるま市 2017.7.30


トップへ戻る



inserted by FC2 system