ヒルギカズラ(蛭木蔓)

マメ科 ヒルギカズラ属
Dalbergia candenatensis

マングローブ林に生える常緑の高木又は蔓性の低木。高さは数m。若枝には褐毛があるが後にはほぼ無毛。
葉は長さ10〜20cm、 小葉は7〜10対、楕円状長楕円形〜長楕円形、円頭〜凹頭、長さ1.5〜4cm。
円錐花序は腋生及び頂性、花は淡紅色〜白色又は帯黄色、長さ5〜7mm。
莢果は長楕円形又は小舌形、長さ3〜7cm。 分布は石垣島、西表島。

西表島 2013.7.29

西表島 2013.7.29

2014年に出掛けた時は蕾と莢果がついていて、花は見られなかった。葉は触れるとネムノキの様に表面を合わせて閉じてしまう。
西表島 2014.7.25


←花後、莢果は出来ていたが雄しべがまだ残っていました。
雄しべは9〜10個。花弁は赤く変色している。萼片は鐘状。
↓蕾。花は小さく5〜7mm。

西表島 2014.7.25



トップへ戻る

inserted by FC2 system