ヒロハノクロタマガヤツリ(広羽黒球蚊帳釣草)

カヤツリグサ科 クロタマガヤツリ属
Fuirena umbellata Rottb.


日あたりの良い湿地や休耕田に生える多年生草本。有花茎の高さは50〜100cm、茎は4〜5角柱形。
葉は広線形でやや硬く無毛、有花茎より短く幅は7〜10mm。
分花序は3〜10個、小穂を密につけ花柄は白毛を密布する。 小穂は長卵形、長さ4〜7mm、黒緑色。鱗片は有毛、長さ2mm、薄膜質、約1mmの有毛の芒をもつ。 花被片は3本、短柄があり平板状、頂部は凸頭、痩果と同長か少し長い。
痩果は倒卵形長さ0.7〜1mm、3稜形、淡褐色。 柱頭は3岐する。分布は南西諸島。

西表島 2013.10.29

2012.4.8

トップへ戻る

inserted by FC2 system