ヒナノシャクジウ(雛の錫杖)

ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属
Burmannia championii   


常緑樹林下の湿った場所でみられる従菌属栄養植物。多年草。草丈は3〜10cm。根茎は球状に膨れ多数のひげ根がある。 茎は単一で直立し、疎らに小さい麟片を互生する。
花はほとんど無柄で茎頂に2〜10個やや頭状に集まり、乳白色、長さ6〜7.5mm。
この仲間ではルリシャクジョウと、シロシャクジョウがあります。
分布は本州(関東以西)・四国、九州〜沖縄島。開花は6〜8月。

国頭村 2009.6.7



2012.8.8

国頭村 2018.6.10

外花被片は三角形、長さ1.5mm内外、内側は黄色、内花被片は
へら型。雄蕊は3個、外花被片と互生し、 内花被片の下部につく。
国頭村 2018.6.10

トップへ戻る


inserted by FC2 system