ヒメヤブラン(姫藪蘭)

ユリ科 ヤブラン属
Liriope minor


海岸の砂地や草地に生える常緑の多年生草本。根茎は長い匍匐枝を出して広がって行く。葉は線形で長さ10〜20cm、 根茎から立ち上がり斜上する。花茎は直立して葉より短くて、穂状花序に淡い紫色〜乳白色の花を5〜10個位さかせます。
日本各地で見られる様ですが、沖縄では少なく希少な存在となっています。

2012.9.14

花は小さく径8mm程度でとても可愛らしい。果実はこの後黒熟します。
2012.9.14

2012.9.14




トップへ戻る





inserted by FC2 system