ヒメタムラソウ(姫田村草)

シソ科アキギリ属
Salvia pygmaea Matsum

渓流沿いに見られる多年草。草丈は10〜20cm。葉はロゼット状に出て、長い柄を持ち、下部の葉は2回羽状複生、 長さ5〜15cm、上部の葉はやや羽状中裂、頂小葉は倒卵形〜披針形。茎の上部に数段の輪散花序となり多数の白い花をつける。 花冠は白〜淡紫白色で長さ約4〜5mm。果実は長楕円形でやや扁平。
分布は奄美大島〜沖縄。
国頭村 2013.9.22

西表島2009.4.25

2007.2.17

 大宜味村 06.11.19


トップへ戻る

inserted by FC2 system