ヒメスイカズラ(姫吸蔓)

スイカズラ科 スイカズラ属
Lonicera japonica Thunberg var. miyagusukiana Makino 





海岸や、石灰岩地域の崖に生える常緑または半落葉性の低木。
小枝を多数分岐して長さ1〜2mとなる。
花は白色で、茎頂近くの葉腋につく。
白い色は時間が経つにつれて黄色に変わっていく。
スイカズラの変種で琉球列島の固有種である。

10.6.12(左)   10.6.27(右)

まだ写していませんが、白い花が5〜6月に咲きます。
09.12.27
葉は卵型で短い葉柄があり対性。葉身は卵形〜長楕円形で艶がある。
09.12.27
トップへ戻る



inserted by FC2 system