ヒメサギゴケ (姫鷺苔)

ゴマノハグサ科 サギゴケ属
Mazus goodenifolius

山地渓流の岩上や湿った林縁の土手に生える多年草。草丈は5〜15cmで葉や茎は白い毛に覆われる。 混生葉はロゼット状でヘラ型、長さ3〜4cm、倒卵状長楕円形で先は円く、縁には大きく切れ込んだ鋸歯がある。 花茎は高さ8〜15cmで総状花序に5〜10花がつく。花冠は白色〜淡紅紫色を帯び、上唇は上向した卵形、下唇は先端で2裂し、基部に黄色の2隆条がある。
分布は九州南部〜沖縄  開花は2〜3月。

沖縄島 2014.3.14

2014.3.14

混生葉はロゼット状でヘラ型。
2014.3.14









2017.1.31

トップへ戻る



inserted by FC2 system