ヒメホウビシダ (姫鳳尾羊歯)

メシダ科 メシダ属
Athyrium nakanoi


・屋久島の林中の湿った岩上や崖地に生える常緑性のシダ。根茎は斜上、短く匍ふくする。
・葉柄は4〜7cm、淡紫紅色〜淡緑色。鱗片は淡褐色、卵状三角形〜広披針形、不規則な突起縁、下部でやや密、上では疎ら。
・葉身は緑色、1回羽状複生、長楕円状披針形、最下羽片は下向き、長さ14〜16cm、幅3〜4cm、鱗片は無く葉軸で有毛。 側羽片は単柄があり、基部は上側に耳片が発達する、
・胞子嚢群は楕円形〜鉤形、羽片の中肋と辺縁の中間性、包膜は長楕円形〜馬蹄形、不規則な突起縁。
・分布は屋久島。最近になって本州の和歌山県で自生地が発見された。

屋久島 2019.5.30

(左)葉軸には狭い翼があり、紅紫色が美しい。(中)羽片には短柄があり、基部の上側(画面では下向き)は耳状。
屋久島 2019.5.30

屋久島 2019.5.30



トップへ戻る




inserted by FC2 system
トップへ戻る

inserted by FC2 system