ヒカゲヘゴ(日陰ヘゴ)

ヘゴ科 ヘゴ属
Cyathea lepifera



山地の谷間、林下、林縁でみられる大型のシダ。幹は直立して高さ5〜8m位になり、径は20cm位になり、幹の表面は葉柄の 落ちた跡が丸の中に逆八の印になった様な模様が出来る。葉柄の基部は密に麟片をつける。葉身は倒卵状長楕円形、2回羽状複葉、 羽片は大きいもので長さ10〜15cm。胞子嚢群は小羽片の中肋寄りにつき、包膜がない。側糸は淡色、胞子嚢より長く、 狭い麟辺状のものもある。分布は奄美大島以南。


2007.3.18

2012.7.28




2012.9.23

2012.4.14

トップへ戻る

inserted by FC2 system