ヒゲスゲ(髭菅)イソスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属
Carex oahuensis 

海岸の砂地やその近くの林縁に見られる多年生草。密に叢生し、根茎は短く著しく剛強。
有花茎は高さ30〜80cm。 葉は有花茎より長く、線形でとても硬く幅は5〜10cm。葉縁はざらつき表面には艶があります。 基部の鞘は暗褐色、著しく繊維状に分解する。
小穂は頂小穂は雄性、円柱形、長さ3〜6cm、雌花は10〜15列。 雄鱗片は暗褐色〜褐色、長芒。雌鱗片は褐色〜黄褐色、長芒。 花期は2〜4月、又は通年。





(左)名護市  2013.11.30ブログ  (右)糸満市 2015.12.17

名護市 2013.11.30

果胞は雌鱗片より長く、楕円形、長さ5〜6mm、稜間に脈があり、無毛又は疎らに短毛がある。
痩果は倒卵形、長さ2〜2.5mm、頂部の付属体は湾曲し花柱基部に接続する。柱頭は3岐。
名護市 2013.11.30

海岸の岩上で高さ10cm程度の大きさだが果実が熟している個体もあった。
糸満市 2015.3.5

北大東島 10.12.12

北大東島 10.12.12

雌鱗片は果胞より短く長さ4mm、幅1.5mm、中肋からでる芒は長さ4mm、下向きにざらつく。
糸満市 2015.12.17

トップへ戻る

inserted by FC2 system