ヘツカニガキ(辺塚苦木)

アカネ科 タニワタリノキ属
Sinoadina racemosa


高さ5〜20mの落葉高木。樹皮は帯紫灰白色。
葉は対生、薄い革質で長さ5〜10cm、幅4〜7cm、卵形〜卵状楕円形で 急尖頭、基部は円形〜浅い心形、表面は無毛で光沢があり、裏面は10対内外の隆起する側脈がある。
花は数個集まって5〜6cmの頭状花序をなし、花軸は円形で径5mm位、花は淡黄色白色、花冠は筒状で先は浅く5裂、 花柱は糸状で花冠より4mm位長くなる。果実はくさび状、長さ3mm位。
名前は鹿児島県辺塚に由来する。分布は四国、九州南部、徳之島〜沖縄、久米島、伊平屋。 開花は5〜6月。


(左)蕾 国頭村 2011.5.26 (右)開花 伊平屋村 2014.6.1

国頭村 2011.5.26

大宜見村 2012.5.23

(左)伊平屋島 2014.6.1 (右)新葉の頃 大宜味村16.3.27

紅葉の頃
国頭村 2016.9.27

国頭村 2016.9.27

新しい自生地が2か所見つかったので、開花の経過をみた。
(左)国頭村2019.5.1 (中)国頭村 2019.5.15 (右)東村 2019.6.11

開花が始まって1週間で満開になる。
国頭村 2019.6.11

トップへ戻る

inserted by FC2 system