ヘゴ

ヘゴ科 ヘゴ属
Cyathea spinulosa


湿度の高い山林下でみられます。幹が直立し高さは4m、基部で径40cmを超える事があります。 幹の上部では枯れた葉の葉柄基部が残り黒い棘が表面を覆っています。葉柄は短くて30〜40cm。葉身は倒卵状長楕円形、 2回羽状に分岐する。小羽片は深裂。羽片は長さ40〜80cm、幅20cmに達するが最下羽片は短縮して20cm以下。

2012.11.9

2012.11.9

2012.11.9

ソーラスは裂片の中軸近くに接近して並び、球形で包膜に包まれているが成熟すると不規則に破れ、落下する。
2013.6.23

2013.6.23

トップへ戻る

inserted by FC2 system