ハチジョウシダ(八丈羊歯)

イノモトソウ科 イトモノソウ属
Pteris fauriei


林縁、林下に生える常緑性のシダ。根茎は短く、やや太く斜上し、線状で赤褐色の麟片をつける。
葉身は葉柄より短く、2回羽状複葉、卵状三角形。羽片は羽状に全裂し、基部で少し狭くなる事がある。
大きな頂羽片、側羽片の下側の第1小羽片が大きくなり、形のまとまった美しいシダだ。 伊豆諸島以南に分布。

2012.5.23

葉柄は長さ30〜50cm。わら色で基部に近い所は赤褐色。麟片を密につける。
2012.5.23

胞子嚢群は裂片の辺縁にそって長く伸びる。
2012.5.23

2012.3.19

2012.3.19

幼い株はアシガタシダの形に似るが羽片の鋸歯、葉柄などに気をつけて観察する事。
2012.10.23

羽軸や中肋に刺のある場合もある。
2012.10.16

海岸の風の当たる岩の上に這うように生えていた。
与那国島 2013.12.16

トップへ戻る






inserted by FC2 system