ハスノハヒルガオ(蓮の葉昼顔)

ヒルガオ科 コガネヒルガオ属
Merremia hymphaefolia

海岸に近い林縁で他の植物に絡まって広がる蔓性の大型の植物。蔓の長さは30mにも広がる。
葉は円形〜楕円状円形、長さ7〜30cm、幅10〜20と大きく、先は丸いかやや尖り、全縁で縁はゆるく波打つ。 葉腋から長い花柄を出し鮮黄色の花を咲かせる。花冠は径5cm。

南の島の太陽に良く映える黄色だ。知人の解説を拝見すると ハスノハヒリガオは本来白花で、本種は(キバナ)ハスノハヒルガオという名前がついていました。熱帯アジア〜太平洋諸島原産の帰化植物。

西表島 2013.5.27

全縁で縁はゆるく波打ち、深い皺の様な葉脈が目立つ。
西表島 2013.5.27

トップへ戻る

inserted by FC2 system