ハリツルマサキ(針蔓柾)

ニシキギ科 ハリツルマサキ属< Maytenus diversifolia  

海岸の石灰岩の上を這うように生えている半蔓性の常緑低木。茎はよく分岐して、長さ通常1m以下、葉腋や小枝の先端に刺がある。 葉は互生で革質、倒卵形、長さ2〜3cm、幅1〜1.2cm、円頭〜凹頭で基部はくさび形。葉腋に短い集散花序を作り、花冠は白色で先は5裂する。
室果は倒卵形でやや扁平、赤熟する。赤く扁平。盆栽としてよく使われています。

 2006.9.10

 2006.9.10



 2006.9.24



トップへ戻る

inserted by FC2 system