タイワンハンノキ (台湾榛の木)


カバノキ科 ハンノキ属
Alnus japonica var. formosana



山地林縁に生える高さ15〜20mの落葉高木。雌雄同株。
葉は互生、長楕円形〜卵状長楕円形で長さ5〜13cm、先は尖り、辺縁
は微鋸歯縁、表面は無毛でやや光沢があり、下面は淡い緑色。葉脈は裏面に
隆起する。雄花序は淡褐色の円筒形で枝の先端に2〜5個、尾状に垂れる。
雌花序は楕円形であまり目立たない。球果は楕円形で長さ1〜3cm。
分布は琉球列島、台湾他。
国頭村 2009.10.30

雌花は小さい楕円形で目立たない。
2009.11.14

楕円形の果実は松かさ状。
国頭村 2015.1.23


トップへ戻る




inserted by FC2 system