ハンコクシダ(ハンコックシダ)

メシダ科 ノコギリシダ属
Diplazium pullingeri

山地の暗い林下の斜面に生える常緑の多年生。根茎は短く直立〜斜上。
葉柄は緑色、基部は褐色、長さ10〜25cm。葉柄や羽軸、中軸に茶色の毛が多い。
葉身は単羽状。頂羽片はなく、羽片は上に行くほど小さくなる。側羽片は線形、鎌状に曲がり無柄、 基部は前側で耳状に尖り、下部の羽片は短く下向きになる。
胞子嚢群は羽片の中肋近くから辺縁ちかくまで伸びる。包膜は線形、ほぼ全縁、半透明〜淡褐色の多細胞毛がある。 分布は琉球列島、中国、台湾、ベトネム。

西表島 2010.6.4

国頭村 2012.3.24

胞子のう群は線形で中肋から辺縁向けて弓型に曲がっている。
国頭村 2012.3.24

石垣島 2014.1.4

トップへ戻る


inserted by FC2 system