ハナコミカンボク (花小蜜柑木)

コミカンソウ科(←トウダイグサ科)  コミカンソウ属
Phyllanthus liukiuensis  

石灰岩の海岸に自生する高さ20〜40cmの小低木。茎は良く分岐し、小枝は有稜で径1mm、長さ5〜10cmで無毛。
葉は互生し卵状楕円形〜楕円形で無柄、先は丸く、長さ7〜13mm、幅4〜6mm、先は鈍〜円形、下面は淡白色。
花は赤色で葉腋に単生し、雌花は萼片は6個、卵形、雄花より長い柄がある。雄花は2〜3個が束生し、萼片は4〜5個で 先は鋭く尖る。果実は扁球形で径約4mm。
分布は沖縄本島で固有種。開花はほぼ周年。

2007.9.23 

2009.4.19

2009.4.19

トップへ戻る

inserted by FC2 system