ハナハマセンブリ(花浜千振)

リンドウ科 シマセンブリ属
Centaurium tenuiflorum


日当たりの良い草地、海岸近く等で見られる1〜2年草。
高さは30〜50cm位で、茎はよく分岐し全株無毛
葉は対生、倒卵形で先は尖り、基部は茎を抱く。
茎の上部に淡紅色の小さい花を沢山つけ目を惹かれます。
萼片は花弁に比べて短く半分位の長さ。帰化植物。
良く似たシマセンブリは葉腋に花を1個づつ付けます。

東村 08.6.15

トップへ戻る



inserted by FC2 system