ハマセンナ(浜せんな)

マメ科 ハマセンナ属
Ormocarpum cochinchinense 



海岸近くにみられる高さ2〜4mの常緑小高木。葉は奇数羽状複葉で小葉は9〜17対、互生で長楕円形、長さ2cm程度、落葉性。 葉腋に散房状円錐花序を作り、2〜6個の花をつける。花は淡い黄色に紫班が入りとても個性的。莢果は2〜4節、線形〜長楕円形、 長さ1.3〜2.5cm。
分布は奄美諸島〜沖縄。開花は6〜9月。

国頭村 2015.9.12

恩納村 2010.6.12

恩納村 2010.6.12

トップへ戻る



inserted by FC2 system