ハマガラシ(浜辛子)

アブラナ科 カラクサナズナ属
Coronopus wrightii

海岸の砂浜に生える1年生草本。茎は基部から分岐して横に這い、長さは10〜30cmになる。葉はやや多肉質で倒披針形〜長楕円状披針形、 先が尖る。中部より上の葉は無柄、全縁または疎らな鋸歯縁。総状花序は葉と対生し、小形の花を咲かせます。種子は表面に網紋が多く1.5〜2mm。
本部町 2013.3.18

本部町 2013.3.18

東村 2008.6.15



トップへ戻る




inserted by FC2 system