グミモドキ(茱萸擬)

トウダイグサ科 ハズ属
Croton cascarilloides


海岸近くの隆起サンゴ礁の地域に生える常緑の低木。雌雄同株。
高さは2〜3m。株全体に褐銀葉白色の麟片がある。葉は枝端に束生し、
長楕円状、またはやや菱形、長さ10cm内外、先は鋭尖頭、やや全縁。
総状花序は長さ2.5cm、雄花で顎は5裂し、裂片は卵形で褐色鱗片を
密布し、花弁は5個、雄しべは15〜20本、雌花の花弁はへら形、子房は
3室。室果はやや球形、黄白色、径1cm位。

国頭村 2011.9.24

国頭村 2011.9.24

国頭村 2011.9.24

 2013.10.20

 国頭村 2015.11.3

種子は楕円形で1個は多少扁平、長さ2.5mm位。
 国頭村 2016.3.4



トップへ戻る





inserted by FC2 system