ギランイヌビワ(宜蘭犬枇杷)

クワ科 イチジク属  
Ficus variegata var. sycomoides

高さ10〜20mの常緑高木。幹は灰白色のまだら模様がつき、大木になると時に板根が発達する
葉は10〜20cmの大きな卵形で先が尖り、測脈は4〜8対、普通全縁、葉柄は赤褐色を帯びる。
一番の特徴は茎や枝につく緑色の花嚢で幹や枝の突起から出てしばし根元から上部までびっしりつく。
果実は緑〜紅色、扁球形で径1〜2cm。分布は宮古、石垣、与那国島。別名コニシイヌビワ

西表島 09.4.24

石垣島 2018.4.25

石垣島 2018.4.25

石垣島 2018.10.16

トップへ戻る


inserted by FC2 system