ギンリョウソウ (銀竜草)

イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属
Monotropastrum humile


山地の湿った林床に生える腐生植物で高さは8〜15cm。根は塊をなして集合し、褐色。 茎は直立し一株から数本出て全株純白、又は微赤色で乾くと黒褐色になる。 葉は鱗片状で多数茎に互生し、卵状楕円形。花は茎頂に1個つけ、長さは1.5cm、花弁は3〜5個で筒状、雄しべは10個、 子房は卵円形、花柱は短大、柱頭は紫褐色径3mm程度。液果は白色で後、茎が倒れて地面につき種子を散布する。
分布は日本全土。開花は3〜8月。(沖縄では3月)


国頭村 2009.3.15

雌しべの先端は円形でやや平たく青みをおびている。
国頭村 2009.3.15

大宜味村 2014.3.30

花は終わりに近づくと黒褐色に変色し始める

大宜味村 2014.3.30





トップへ戻る

inserted by FC2 system