フウセンアサガオ(風船朝顔)

ヒルガオ科 フウセンアサガオ属
Operculina turpethum


日当たりの良い草地や海岸近くの道ばた等でみられるつる性の多年草。
葉は卵形で長さ5〜15cm、全縁で先は尖る。
花が終わると萼片が中の刮ハ(種)を包んで膨らむのでこの名がついた。
西表島 07.2.17  

11.11.26

膨らんだあとはこんな風に割れて種がみえる。
西表島 07.2.17
西表島 07.2.17
トップへ戻る

inserted by FC2 system