フタバムグラ(双葉葎)

アカネ科 フタバムグラ属
Hedyotis diffusa


湿り気のある道ばたや畑の縁にはえる草丈10〜50cmの1年生草本。茎は基部で分岐し、下部は横に這い節部から根を出して広がる。 葉は線状長楕円形で対性、長さ1.5〜4.5cm、幅2〜4mm、先端は尖り辺縁は多少ざらつく。 花は葉腋につき、花冠は筒状で長さ2mm程度、白色でわずかに紅色を帯び先で4裂。室果は扁球形、径2.5〜4mm。
分布は本州中部伊南〜沖縄各島。 開花は8〜10月。

大宜味村 2014.9.30

大宜味村 2014.9.30

東村 2010.9.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system