フモトシダ

コバノイシカグマ科 フモトシダ属
Microlepia marginata




山地林下、林縁で見られる常緑性のシダ。葉柄はわら色だが、下半分は
単褐色、前面に毛をつけ、古い部分は毛の落ちた跡がザラザラする。
葉身は卵状披針形〜卵形。黄緑色〜暗褐色で単羽状。やや厚めの革質で
触るとカサカサした感じがする。
羽片は20対以下で線状披針形
2012.7月

羽片の先端は尾状。基部は広いくさび形から円形。無柄だが下部の物は短柄がある。
2012.7月(左) 2012.4月(右)

胞子嚢群は裂片の辺縁近くにつくが、包膜の前縁は葉縁から離れている。
2012.7月

葉裏全面と包膜に毛がある。
2012.6 月
トップへ戻る



inserted by FC2 system