フクロシダ(袋羊歯)


イワデンダ科 イワデンダ属
Woodsia manchuriensis

・山地のやや湿った岩上に生える夏緑性シダ。根茎は短く直立し、小さい塊状、葉を叢生し麟片を密生する。
・葉柄は短く長さ1〜7cm。基部に淡褐色の麟片がある。
・葉身は2回羽状深裂、披針形で長さ5〜30cm、先が尖り、基部に行くに従って小さくなる。
・ソーラスは裂片の辺縁近くにつき、包膜は球形嚢状(ふくろ状)。
鳴神山 2013.5.2

鳴神山 2013.5.2

トップへ戻る

inserted by FC2 system