フカノキ(鱶の木)
ウコギ科 フカノキ属 

Schefflera octophylla


常緑の中高木。低地から山地の林縁や森林内に生える。幹は直立して高さ5〜15mになります直径50〜80m。 葉は大型の掌状複葉で6〜8の小葉に分岐し、枝先に集まってつく。若い木の葉は不規則の列刻又は鋸歯があるが老木の葉は全縁。 枝端の傘形花序は20〜30cmで、緑白色の花を多数つけます。
07.12.22

この大きな縁が波打った葉が特徴。
07.2.3

2012.1.25

2013.12.9


トップへ戻る


inserted by FC2 system