エノキマメ(榎豆)

マメ科 エノキマメ属
Flemingia macrophylla var. philippinensis

草地に生える高さ高さ0.5〜2mの低木。小枝は3稜形で褐色の毛を密生する。葉は3出で毛を密布し、托葉は早落性、 葉柄は長さ7〜15cmで翼がある。小葉は披針形〜披針状長楕円形で長さ10cm程度で上面は無毛、下面は圧毛がある。 葉腋に長さ2〜5cmの総状花序をつけ淡紅紫色〜紅紫色の花を多数咲かせる。豆果は長さ1cm内外で有毛、種子は2個。
分布は伊江島、宮古島、石垣島、西表島、台湾、南中国。開花は春から夏にかけて。場所により開花期に変化がある。

花期ではあったと思いますが、丁度開花前の蕾と、果実がありました。
開花に出会える機会は少ないらしいですが、機会を待ちたいです。
西表島 2013.5.27



西表島 (左)(右下)2013.5.27 (右上)2013.10.28 

石垣島 2014.3.25

石垣島 2014.3.25

トップへ戻る

inserted by FC2 system