エダウチホングウシダ 

ホングウシダ科 ホングウシダ属
Lindsaea chienii


山地の林内のやや湿った所に生える常緑の小型のシダ。根茎は短くほふくし、麟片は赤褐色で狭披針形、葉が相接して生える。 葉柄は赤褐色〜褐色、長さは10〜50cmで葉身の同長〜2倍位の変異がある。葉身は草質からやや硬質に近いものまであり、 2回羽状複葉だが、大きな葉の基部で3回羽状複葉に切れ込む事がある。
裂片は後ろ側が発達せず、卵状長楕円形からひし形、辺縁は不規則に切れ込む。胞子嚢群は葉縁から内側へ寄ってつく。

2012.10.18

(左)2012.8.1 (右)2012.8.14

2012.4.14

胞子嚢群は辺縁の切れ目に合わせてとぎれとぎれでついている。
2012.8.24

トップへ戻る




inserted by FC2 system