ダンチク(暖竹)

イネ科 ダンチク属
Arundo donax


海辺や川岸、林縁に生える大型の多年草で良く大群落がみられる。根茎は長くて木質、良く枝分かれをする。 稈は高さ2〜6m。葉身は多数で扁平、長さ30〜70cm、幅は2〜7cm、基部は両側が葉耳となって稈を抱き途中から垂れ下がる。 葉舌は高さ1〜2mm、へりに微毛が並ぶ。
円錐花序は頂生し、長さ30〜70cm、多数の赤紫色の小穂を密につける。 小穂は長さ8〜12mm。
包頴は同形で狭披針形、両側上方に長さ1.5〜2mmの毛があり、先には1〜3mmの芒がある。 護頴下部には長い白毛があり、内頴は護頴の1/2、1/3の長さである。タカサゴチクは葉鞘部が有毛。


国頭村 2015.10.15

国頭村 2015.10.15

国頭村 2015.10.15

トップへ戻る



inserted by FC2 system